政府は21日、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言を新たに沖縄県に発令するに当たり、菅義偉首相による記者会見の開催を見送った。内閣記者会の幹事社は官邸報道室に、首相の会見を申し入れていた。首相は代わりに、記者団から質問を受け付ける「ぶら下がり」取材に官邸で応じた。
 首相は会見しなかった理由を問われたのに対し、「新型コロナ対策に関する政府の対応は、これまでも適時適切に対応している。これからも丁寧に発信をしていきたい」と強調。「(記者の)皆さんからの要望に応え、こうして対応、会見している」と語った。
 首相はこの後、沖縄の新聞社である琉球新報と沖縄タイムスの合同インタビューに応じた。 (C)時事通信社