日本サッカー協会は22日、Jリーグを担当する審判員1人が新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したと発表した。20日に発熱の症状があり、21日に陽性が確認された。
 当該審判員は19日に試合会場を訪れたが、保健所から試合関連で濃厚接触者はいないと判断された。 (C)時事通信社