広島は22日、選手8人を含む計11人の新型コロナウイルス陽性者との接触状況から森下暢仁、高橋昂也両投手が管轄保健所から濃厚接触者と判定されたと発表した。2人とも体調に異常はない。同日に1、2軍の監督、コーチ、選手ら140人を対象に行ったPCR検査では全員が陰性と判定された。
 広島市のマツダスタジアムでは非公開で自主練習が行われた。球団によると、21日の検査で陰性と判定された選手が時間帯をずらして参加し、マスク着用でこまめに手指の消毒をしてキャッチボールや打撃練習に励んだ。田中広輔選手会長は広報を通じ、「より一層、気を引き締めて過ごしたい」とコメントした。 (C)時事通信社