加藤勝信官房長官は23日のNHK番組で、開会式まで2カ月となった東京五輪に関し、「(新型コロナウイルス)感染を徹底的に抑え込み、ワクチン接種を早期に進めることで、より一層国民の安心を確保していく」と述べ、開催方針に変わりがないことを強調した。
 これに対し、加藤氏とともに出演した政府の基本的対処方針分科会メンバーである東邦大の舘田一博教授は「緊急事態宣言が東京で出されているような状況であれば開催は難しい」と指摘した。
 一方、同日のフジテレビ番組で、平井卓也デジタル改革担当相は「国民の命と健康を守ることができるのなら、パンデミック(世界的流行)下での五輪開催というモデルを、日本が初めてつくることになる」と語った。 (C)時事通信社