【ニューヨーク時事】22日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)によると、米疾病対策センター(CDC)は、新型コロナウイルスのワクチンを接種した若者らが心筋炎を発症する例が報告されたことを受け、接種との関係を調査している。詳細は明らかになっていないが、「比較的少数」で、接種とは無関係の可能性もあるという。
 心筋炎は心臓の筋肉に炎症が起きた状態。主に、ファイザーやモデルナ製のワクチンを2回目に接種してから4日程度経過した若者らが発症していた。また、女性よりも男性に多く見られたという。CDCは「大半は軽症で、経過を観察している」と説明している。 (C)時事通信社