立憲民主党の枝野幸男代表は23日放送のBS朝日の番組で、内閣不信任決議案の今国会提出について、「緊急事態宣言が解除されないと正直、迷う」と述べた。宣言下では国民の理解が得られない可能性があるとする一方、「この内閣は信任できないから、きちっと問いたい」とも述べた。
 枝野氏はまた、来月16日までの今国会の会期を大幅に延長し2021年度補正予算案の編成を求めた。番組は21日に収録された。 (C)時事通信社