ロッテは23日、清田育宏外野手(35)との契約を同日付で解除したと発表した。度重なる不適切行動と球団への背信行為を受けて判断した。
 清田は昨秋の札幌遠征中に球団のルールに違反する形で部外者と会食したことで、今年1月に無期限の謹慎処分を受けた。処分は今月1日に解かれたが、直後に写真週刊誌で複数回にわたる不要不急の外出が報じられ、球団が事情を聞いていた。
 ロッテは「ファンのみなさま、ご支援をいただいている関係者のみなさまの信頼を裏切る事態を招いたことを深くおわび申し上げます」などとコメント。今後は選手へのコンプライアンス教育を徹底していくとした。 (C)時事通信社