【ロンドン時事】英イングランド公衆衛生庁は23日までに、米ファイザーと英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンが、感染力が強いとされるインド型の変異株にも有効との調査結果をまとめた。日本でも接種が進むファイザー製では、2回の接種で発症予防率が88%に達した。
 2回目の接種から2週間後の予防率を調査。以前から猛威を振るっていた英国型では93%だった。一方、アストラ製でもインド型が60%、英国型が66%となった。
 ただ1回の投与だけでは、ファイザー製、アストラ製ともに3週間後の時点での予防率がインド型が33%、英国型が50%にとどまった。ハンコック保健相は「変異株を含め、コロナの予防にはワクチンの2回投与が重要であることが明らかだ」と強調した。
 調査は4月5日から5月16日に実施。ファイザー製をめぐっては、横浜市立大の研究チームも12日、2回接種した人の約9割に、変異株への感染を防ぐ中和抗体があったと発表していた。 (C)時事通信社