自民党の下村博文政調会長は24日、加藤勝信官房長官と首相官邸で会い、新型コロナウイルスワクチン接種の加速に向けた提言書を手渡した。高齢者接種が一定程度進んだ自治体は基礎疾患を持つ人への接種を並行的に始めるなど弾力的に運用することが柱。加藤氏は「柔軟な対応を自治体にお願いしたい」と応じた。
 政府は当日のキャンセルなどでワクチンが余った場合、「可能な限り無駄なく接種を行う」ことを自治体に求めている。提言はこれに関し、首長の先行接種を容認するよう求め、「誰に接種しても構わないというルールを再度周知すべきだ」と強調した。
 公共交通機関の従業員や宅配業者など、感染リスクがありかつ感染すれば国民生活に支障が出る職種を優先的に取り扱うことも提唱した。 (C)時事通信社