日立製作所は24日、サイバー攻撃に対する防衛訓練サービスを遠隔参加可能にし、6月1日に提供を始めると発表した。これまでも同社の大みか事業所(茨城県日立市)や企業の拠点でサイバー防衛訓練サービス(NxSeTA)を展開していたが、新型コロナウイルス禍で広がった在宅勤務に対応し、受講者が場所を選ばずに、より実際の労働環境に近い形で参加できるようにする。 (C)時事通信社
〔写真説明〕