高橋洋一内閣官房参与は24日、自身のツイッターで、先に新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言を「屁(へ)みたいなもの」と投稿したことを「不適切表現」と認めて「各位におわびする」と陳謝した。
 立憲民主党の安住淳国対委員長は「言葉も下品だが、この人は菅義偉首相の政策アドバイザーだ。緊急事態宣言を軽々しく思っている人を側近に置く首相の感覚を疑う。取り消して済む話ではない」と批判した。国会内で記者団の質問に答えた。 (C)時事通信社