大阪大の研究グループは24日、新型コロナウイルス感染者の抗体の中に、体内の細胞とウイルスの結合を促す「悪玉抗体」が6種類見つかり、重症者ほど多く保有していたと発表した。重症化の原因解明などにつながると期待されるという。論文は近く、米科学誌セル電子版に掲載される。
 荒瀬尚教授らのグループは、コロナウイルスに対する76種類の抗体の働きを解析。体内の受容体たんぱく質「ACE2」との結合を阻止する中和抗体とは逆に、結合を促す感染増強抗体が6種類見つかった。
 6種類はいずれも、ウイルス表面の突起状になったスパイクの先端部分を変質させ、ACE2と3倍程度結合しやすくする働きがあった。中和抗体を弱める働きもあったが、中和抗体が十分な量ある場合には結合作用は強くならなかった。非感染者の中にも保有する人がいるという。
 荒瀬教授は「体内で中和抗体より先に増えると重症化につながる可能性がある。今後研究が進めば重症化しやすい人を事前に見つける検査や、新しいワクチン開発などに活用できる」と話した。 (C)時事通信社