【ニューヨーク時事】米東部ニューヨーク市のデブラシオ市長は24日、新型コロナウイルスの感染状況改善を受け、新学年度の始まる9月に公立学校を全面再開すると発表した。オンライン授業が終了し、すべて対面授業に切り替わる。
 ニューヨーク市内の公立学校には全米最大の約110万人が通う。デブラシオ市長はMSNBCテレビに「学校の全面再開なしに完全復興はない」と強調した。オンライン授業を選択してきた保護者らの懸念を払拭(ふっしょく)するため、6月から保護者が校舎を見学できるようにする。 (C)時事通信社