【シリコンバレー時事】米民泊仲介大手エアビーアンドビーのチェスキー最高経営責任者(CEO)は24日開いたオンライン発表会で、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)によって落ち込んだ旅行需要の回復について「この百年で最大のリバウンドになる」と語った。欧米で新型コロナのワクチン接種が進み、外出規制の緩和に向かっていることを踏まえ、レジャー業界の先行きに強気な見方を示した。 (C)時事通信社