【ニューヨーク時事】新型コロナウイルスの感染状況を受け、米国務省が日本への渡航警戒レベルを最も危険度の高いレベル4「渡航してはならない」に引き上げたことに対して、米国オリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)は24日、「米国代表選手が安全に東京大会に参加できることに自信を持っている」との声明を発表した。米メディアが伝えた。
 USOPCは、日本への渡航前や到着時、大会期間中に検査を受けることができ、大会組織委員会が選手とスタッフへの感染対策を講じていると説明した。 (C)時事通信社