7月4日投開票の東京都議選を前に、警視庁は25日、事前運動取締本部(本部長・渡辺国佳刑事部長)を設置した。立候補届け出前の選挙運動は公選法で禁止されており、捜査員2000人態勢で取り締まりに当たる。
 同庁捜査2課によると、24日現在の違反警告件数は15件で、前回2017年の同時期に比べて3件増加した。主な警告は、候補予定者の名前を書いた「のぼり旗」を揚げるなどの文書掲示違反だった。 (C)時事通信社