丸川珠代五輪担当相は25日の閣議後の記者会見で、東京五輪・パラリンピック参加選手に接触する審判やスタッフら大会関係者にも米ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチンが無償提供されることを明らかにした。既に提供されることが発表されている日本選手団分も含め、約2万人分が見込まれている。丸川氏は「選手団と一体となって活動する大会関係者を対象とし、接種を行うことを検討するようIOC(国際オリンピック委員会)から提案された」と述べた。
 丸川氏はまた、日本選手団への接種について、6月上旬から東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターなどで始めることを明らかにした。 (C)時事通信社