【ロンドン時事】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は25日、国際競技団体(IF)向けのオンライン会合であいさつし、新型コロナウイルス感染に収束の見通しが立たない中で7月に始まる予定の東京五輪について、「開幕まで59日。ラストスパートの準備はできている。最優先事項は、全員にとって安心で安全な大会を運営することだ」と強調した。
 バッハ会長は、コロナ下で開催された各競技のワールドカップ(W杯)や世界選手権で、5万人以上の選手が安全に参加したと言明。「東京五輪開催に自信を与えてくれる。全員の健康を守りながら、大規模な国際大会を開催できることを証明した」と語った。
 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長もスピーチし、「スポーツは心身の健康に重要な役割を果たし、社会や経済に貢献している」と述べた。五輪開催についてWHOは支持する姿勢を示しているが、この日テドロス氏は直接言及しなかった。 (C)時事通信社