自民党の佐藤勉総務会長は25日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの国会議員への接種について「大事な議論をしている国会(議員)が誰も打っていないのは危機管理上おかしい。審議がストップすれば何が起きるか、原点に返って考えるべきだ」と述べ、集団接種を早期に実施すべきだとの考えを示した。
 衆参両院の議院運営委員会は集団接種の是非を水面下で検討しているが、与党内にも「特権」批判を懸念する声があり、結論は出ていない。佐藤氏は「世論が怖くて国会議員が打てないのは非常におかしい」と強調した。 (C)時事通信社