河野太郎規制改革担当相は25日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチン接種の予診について「オンライン、電話の活用も各自治体でしっかり検討していただきたい」と呼び掛けた。オンライン診療はコロナ対応の特例として解禁されており、厚生労働省が各自治体に周知するための通知を近く出すという。
 会場を訪れた接種希望者を、医師がリモートで予診することで、現場の人手不足を補うのが狙い。河野氏は「現場に足を運ばずに済むので、予診に加わってくれるお医者さんが増えるのではないか」と期待を示した。 (C)時事通信社