【ニューヨーク時事】米バイオ医薬品企業モデルナは25日、同社の新型コロナウイルスワクチンについて、12~17歳を対象に実施した臨床試験(治験)で100%の発症予防効果を示したと発表した。緊急使用許可の対象年齢を12歳以上に引き下げるよう、米食品医薬品局(FDA)など各国当局に6月初めに申請する。
 同社のワクチンは、米国では現在、18歳以上を対象に緊急使用が認められている。日本でも先週、18歳以上への接種が承認された。 (C)時事通信社