自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長は26日の会談で、国会議員を対象とした新型コロナウイルスワクチンの優先接種を当面見送ることで合意した。安住氏が記者団に明らかにした。同氏は「今、国民の理解はとても得られない」と指摘。民間企業などでの集団接種が全国的に始まって以降、秘書や国会職員を含む形での実施を検討すべきだとの認識も示した。
 国会議員の優先接種は衆参両院の議院運営委員会で水面下で検討され、自民党には「危機管理」の観点から早期集団接種を主張する声が出ていた。 (C)時事通信社