日本オリンピック委員会(JOC)は26日、東京五輪の日本代表選手への新型コロナウイルスワクチン接種を6月1日に始める方針を明らかにした。海外遠征の都合で5月末に受ける選手もいる。選手と接触する機会の多い監督やコーチ、一部のJOC職員らも含め、7月23日の五輪開幕までに計1600人の接種を見込む。
 国際オリンピック委員会(IOC)から無償提供されたワクチンを使用し、接種を受けるか受けないかについては各選手らの意思を尊重するとしている。JOCの籾井圭子常務理事は「(自治体などによる)高齢者への優先接種に影響を及ぼさない」と強調した。
 接種日程はJOCと各競技団体で調整し、間隔を空けて2度ワクチンを打つ。代表決定が遅い競技は候補選手が対象となる場合があるという。接種会場は東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターのみで、医療現場への負担を避けるため、各競技団体のチームドクターらが打ち手となる。 (C)時事通信社