日本医師会の中川俊男会長は26日の定例記者会見で、政府が新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言を延長する方向で調整していることについて、「延長に同意するが、国民は度重なる延長に疲れ切っている。今回を最後と心得て、政府は対応策を示してほしい」と述べた。
 中川氏はこれまで、新規感染者数が一定水準以下に減少するなど具体的な目標を達成したら宣言を解除すべきだと主張してきた。「目標が提示されず、決定打もないまま延長されようとしている」と政府を批判。「感覚的に解除せず、専門家の意見を尊重して(決めてほしい)」と訴えた。 (C)時事通信社