【ワシントン時事】バイデン米大統領は26日、新型コロナウイルスの起源に関し、追加調査を行うよう情報当局に指示したと発表した。また、各国と協力して、中国に「完全かつ透明で証拠に基づく国際調査に参加するとともに、あらゆるデータや証拠へのアクセスを認める」よう、引き続き求めていく方針を表明した。
 バイデン氏は声明で、コロナの起源に関して3月に「感染した動物と人間の接触によるものか、研究所から流出したものかの分析」を情報機関に指示したと説明。今月受け取った報告では、情報が不十分で最終的な結論を出せなかったことから、追加調査と90日以内の報告を指示したと明らかにした。追加調査の報告には、中国に関する疑問点も盛り込むよう求めたという。 (C)時事通信社