【ロンドン時事】ジョンソン英首相の最側近だった元官邸上席顧問のドミニク・カミングス氏は26日、下院で開かれた政府の新型コロナウイルス対応をめぐる質疑で、「ジョンソン氏は首相の任にふさわしくない」と語った。ロックダウン(都市封鎖)に後ろ向きな首相の迷走で「何万人もの死ぬ必要のない人々が死んだ」とも強調。かつての最側近の告発に英政界には衝撃が広がっている。
 英国では欧州最悪となる約12万8000人がコロナで死亡した。
 カミングス氏は「国民が政府を最も必要としていた時期に、政府は失敗を犯した」と反省。昨年2月以降の官邸の混乱と無秩序ぶりを暴露し、方針転換を繰り返した首相を「ショッピングカートが通路の片側から反対側に突っ込むようだ」とこき下ろした。
 首相が経済を最優先し、ロックダウンにずっと否定的だったとも指摘。昨年秋にはロックダウンの実施を迫る周囲に対し、首相が「死体が高く積み上がる方がましだ」と言い放ったと明らかにした。
 ハンコック保健相にも矛先を向けた。保健相が国民に「何度もうそをついた」とし、「少なくとも15~20の事柄で彼はクビになるべきだった」と断じた。首相にも解任を進言したが、受け入れられなかったという。
 これを受け、最大野党・労働党のスターマー党首は26日の党首討論で「首相の決断力の欠如が世界に知れ渡った」と批判。首相は「命を守るために最善を尽くした」と防戦を迫られた。
 カミングス氏は2016年の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票で、離脱派を勝利に導いた参謀。19年7月のジョンソン氏の首相就任とともに官邸入りしたが、昨年11月に首相との仲たがいが原因で辞任した。 (C)時事通信社