【ビジネスワイヤ】ビール・メーカーのアンハイザー・ブッシュ・インベブは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるパンデミック(世界的流行)で深刻な経済的打撃を受けているホスピタリティー業界の中小企業を保護する必要性に関して提言を発表した。今後の重要な行動として、負担を増やさないこと、予測可能なビジネス環境を促進すること、回復への戦術的アプローチを実施すること、産業間協力を奨励することの四つが示された。ホスピタリティ業界は世界の雇用の10%を創出しており、業界の中小企業を再生する協調的で長期的な政策がなければ世界的な景気後退が深刻化すると同社は述べている。(C)時事通信社