自民党の伊吹文明元衆院議長は27日の二階派会合で、新型コロナウイルスワクチンの接種について、「市町村長、知事、あるいは厚生労働省でコロナ対応に当たる職員が発症すると国民全体の対策が大変なことになる。特別扱いではなく、そういう立場で考えるべきだ」と述べ、優先接種の対象に加えるべきだとの考えを示した。
 自民党の佐藤勉総務会長が国会議員への早期集団接種を主張したことに関しては「正論で私も同じ意見だ」と指摘。同時に「銀座に行くために予防注射をしたと言われるようでは、正論は通らない」とも述べ、自制ある行動を国会議員に求めた。 (C)時事通信社