公明党の竹内譲政調会長は27日、加藤勝信官房長官と首相官邸で会い、新型コロナウイルス感染の長期化を踏まえ、生活保護水準に近い困窮世帯を対象とする新たな給付金制度の創設などを提言した。政府は既に3カ月で最大30万円を支給するといった方向で調整しており、加藤氏は「しっかりやっていきたい」と応じた。 (C)時事通信社