防衛省は27日、自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターの東京会場について、31日~6月6日分の接種対象に埼玉、千葉、神奈川各県の住民も加えると発表した。28日午前11時ごろから予約を受け付ける。
 対象は接種券を持ち、まだ1回も接種を受けていない65歳以上の高齢者。4都県に住民票がなくても、単身赴任などで居住実態があることが証明できれば予約できる。
 準備のため、東京会場の予約システムは28日午前0時から同11時ごろまで停止する。
 防衛省は31日~6月6日の接種について、東京都のみを対象として24日に予約を開始。埼玉、千葉、神奈川各県の住民は、6月7~13日分の予約を31日から受け付ける段取りになっていた。
 しかし、27日午後3時時点で予約枠に約1万8000回分の余裕があり、同省は首都圏3県も前倒しで予約対象に加えることにした。
 大阪会場は大阪府を対象とした予約が既に埋まっているため、京都府と兵庫県からの予約は予定通り31日から受け付ける。 (C)時事通信社