菅義偉首相は27日、首相官邸で赤羽一嘉国土交通相と昼食をともにし、国際線のパイロットや客室乗務員(CA)に対する新型コロナウイルスワクチンの優先接種を検討するよう指示した。首相は「ものすごく大事だから、前向きに検討を」と語ったという。面会後、赤羽氏が記者団に明らかにした。
 これに関連し、加藤勝信官房長官は同日の記者会見で「水際対策という観点も当然考慮に入れながら、検討が進められていく」と語った。 (C)時事通信社