広島の松山竜平、西川龍馬両外野手、磯村嘉孝捕手、河田雄祐ヘッドコーチが27日、1軍に復帰した。チーム内で新型コロナウイルス陽性者が出た影響で、18日に球団独自の判断で「感染拡大防止特例2021」を適用し、3選手の1軍登録を抹消。河田コーチも自宅待機としていた。
 21日にコロナ陽性と判定された倉義和1軍バッテリーコーチに代わり、植田幸弘2軍バッテリーコーチが1軍へ異動となった。
 また、17日に陽性判定を受けた菊池涼介内野手は27日に活動を再開した。当面はチームに合流せず、自主練習を行う。 (C)時事通信社