プロ野球西武は27日、源田壮亮内野手が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと発表した。球団によると、同選手は24日に自宅から広島市内の宿舎へ移動し、25、26日はマツダスタジアムでチームの全体練習に参加。27日午前に37.5度の発熱があった。
 源田選手は27日に同球場で行われた広島との交流戦を欠場。球団独自の判断により、同選手と接触があった予告先発のザック・ニール投手、金子侑司外野手ら計7選手とスタッフ1人もベンチを外れ、マット・ダーモディ投手が先発登板した。試合前には広島遠征に同行した監督、コーチ、選手ら計65人がPCR検査を受け、全員が陰性と判定された。28日にもPCR検査を行う。
 対戦相手の広島は、これまで選手9人を含む12人のコロナ陽性と濃厚接触者2人が判明。21日からの公式戦5試合が延期となり、27日に8日ぶりに試合を再開した。 (C)時事通信社