政府は27日、新型コロナウイルス対策として東京、大阪など9都道府県に発令中の緊急事態宣言について、今月末までの期限を延長する方針を固めた。期間は6月20日まで。28日に専門家らによる基本的対処方針分科会に諮り、政府対策本部で決定する。
 菅義偉首相は27日、西村康稔経済再生担当相ら関係閣僚と対応を協議。この後、首相は宣言延長に関し「28日に専門家に諮った上で決定する」と記者団に表明。全国の感染状況については、「東京、大阪など減少傾向は見られるものの、全体として予断を許さない状況だ」と指摘した。 (C)時事通信社