【ロンドン時事】ジョンソン英首相は27日、かつての最側近で元官邸上級顧問のドミニク・カミングス氏が議会で「ジョンソン氏は首相の任にふさわしくない」と証言した問題に関して、「私が耳にした一部のコメントは現実と全く関係がない」と反論した。新型コロナウイルス対応で強まる批判の払拭(ふっしょく)に躍起となった。
 首相は「われわれはいかなる時も、命を守り、医療体制に負荷を掛けないという決意だった」と強調した。カミングス氏は26日、首相が昨年秋に経済を優先し、ロックダウン(都市封鎖)をするくらいなら「死体が高く積み上がる方がましだ」と放言したと明らかにしていた。 (C)時事通信社