加藤勝信官房長官は28日の記者会見で、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言下でも東京五輪の開催は可能だと考えるかどうか問われ、「五輪のあるなしにかかわらず感染の抑制、医療提供体制の確保に努めていくことが一番大事だ」と述べ、明言を避けた。 (C)時事通信社