愛媛県今治市は27日、90歳代の女性に新型コロナウイルスワクチンを誤って3回接種したと発表した。予診票の確認や本人への聞き取りが不十分だったとしている。女性は28日現在、発熱など体調の変化はないという。
 市によると、女性は1日、入所していた市内の高齢者施設で1回目の接種を受けた。その後、関連する市内の医療機関に入院し、21日に高齢者施設に配給されたワクチンで2回目を受けた。この医療機関が24日、入院中の高齢者を対象とした接種を行った際、誤って女性に3回目を接種してしまったという。 (C)時事通信社