河野太郎国家公務員制度担当相は28日の閣議後の記者会見で、中央省庁などに勤務する国家公務員が新型コロナウイルスのワクチンを接種する際、職場を離脱できる制度を設けたと発表した。人事院は27日付で各省庁に通知した。
 ワクチン接種のために休暇取得などができる制度は一部の民間企業で導入が進んでいる。国家公務員については、接種を受けるのに伴い一時的に職務専念義務の免除を認めるようにした。河野氏は「仕事をしなくていいという意味では(休暇取得と)同じ効果がある」と述べた。 (C)時事通信社