【ジュバAFP時事】南スーダン政府は、新型コロナウイルスのワクチンを共同調達する国際枠組み「COVAX(コバックス)」に対し、7万2000回分を返却することを決めた。保健当局者が25日、AFP通信に明らかにした。ワクチンの有効期限切れまでに接種を終えられないと判断した。 (C)時事通信社