西村康稔経済再生担当相は28日、新型コロナウイルスワクチンについて「発症だけではなく感染にも予防効果があると海外の報告がある」と述べ、ワクチン接種を加速化する考えを示した。政府は従来、発症や重症化を防ぐ効果があるとしていた。基本的対処方針分科会後、記者団に語った。
 分科会の尾身茂会長も記者団に「最近のいろいろなデータを基にすると、感染予防の点でも結構有効ではないのかと示唆されてきた」と指摘した。 (C)時事通信社