厚生労働省は28日、薬事・食品衛生審議会の専門部会を開き、米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの接種対象年齢を現行の16歳以上から12歳以上に引き下げることを提示、容認された。早ければ31日にも正式に引き下げが認められる見通しで、別の審議会での議論を経て、12~15歳も公費負担の対象となる見込み。
 専門部会はワクチンの冷蔵保存期間についても、現行の解凍後5日間から1カ月間に延長することを容認した。同省は今後、自治体に延長を周知する。
 厚労省によると、ファイザーが実施した海外の臨床試験(治験)で、12~15歳に成人と同じ方法でワクチンを接種しても、有効性や安全性に問題はなかった。国内治験は行われていないが、専門部会は「日本人においても同様と考えてよい」と判断した。
 国内で薬事承認されている新型コロナのワクチンは、他に米モデルナと英アストラゼネカ製の2種類があり、接種対象はいずれも18歳以上。米国では既にファイザー製の対象年齢が引き下げられ、今月から12歳以上への接種が始まっている。 (C)時事通信社