東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、感染症などの専門家から新型コロナウイルス対策の助言を得る会議を東京都内で開いた。中村英正大会開催統括は、米医学誌に掲載された論文で東京大会のコロナ対策に欠陥があると指摘されたことに対し、「必要なものは変えようと思っている」と述べた。
 感染予防策のプレーブック第2版で各競技の対策が細分化されていないとの指摘について、中村氏は「IF(国際競技団体)と作っている」と話し、6月に公表されるプレーブック最終版へ向けて関係機関と協議するとした。
 検討会議に参加した国立感染症研究所の斎藤智也氏は、プレーブックの実効性を問われ、「専門家の役割はお墨付きを与えるというよりも、こういうことをやるべきだと話すことだ」と述べた。 (C)時事通信社