高血圧薬などの製造販売承認申請をめぐり書類に虚偽記載があったとして、厚生労働省から業務改善命令を受けた製薬会社小林化工(福井県あわら市)は28日、業務改善計画書を同省に提出した。
 同社は改善計画書で、再発防止と信頼回復に向け、役職員に対する法令順守の徹底を図るほか、日付改ざんを防止するため試験検体の出入庫管理を強化するなどとした。 (C)時事通信社