菅義偉首相は28日の記者会見で、東京五輪・パラリンピック開催に当たり、国内の観客を入れることに意欲を示した。首相はプロ野球やサッカーJリーグを挙げ、「一定の水準の中で感染拡大防止措置をした上で行っていることも事実だ。そうした中で対応することはできる」と述べた。五輪開催について「国民の命と健康を守るのが前提だ」とも強調した。
 具体的な感染拡大防止策として、来日する選手以外の大会関係者のさらなる削減を表明。大会関係者は五輪が5万9000人、パラリンピックは1万9000人で計7万8000人が来日予定。当初計画の約18万人から大幅に削減したことをアピールした上で、首相は「さらに削減を要請する」と述べた。
 一般国民が海外からの大会、報道関係者らと接触しないよう、宿泊先を指定し、移動も専用のバスやハイヤーに限ることや違反者は強制退去とすることなどを説明した。
 首相は、「選手や関係者には徹底した検査とワクチン接種が行われる。悪質な違反には(参加)資格剥奪を含め、徹底した行動管理を行う」と強調した。 (C)時事通信社