【ワシントン時事】バイデン米大統領は28日、アジア系住民らに対する不平等是正を命じる大統領令に署名した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、アジア系への嫌がらせや暴力の急増が社会問題として注目される中、政府として差別解消に取り組む決意を明確にした。
 大統領令はアジア系のほか、ハワイ先住民や太平洋諸島系の住民が対象。そうした住民のコミュニティーについて「米国をより強く、活力に満ちたものとしてきた」とたたえる一方、「平等、正義、機会に関する制度的障壁によって、長期にわたり『米国の夢』から遠ざけられてきた」と指摘し、是正の必要性を強調した。 (C)時事通信社