河野太郎規制改革担当相は29日のインターネット番組で、政府が供給契約を結んでいる英製薬大手アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンについて「台湾に少し支援をしたらどうだろうかという議論になっている」と述べた。
 感染が急拡大している台湾はワクチン調達が難航しており、政府は一部提供を検討している。 (C)時事通信社