【ビジネスワイヤ】台湾貿易センター(TAITRA)は、第13回COMPUTEX・d&iアワードの受賞製品を発表した。今年のテーマは最近のテクノロジー・トレンドとパンデミック(感染症の世界的流行)後の機会を反映して「情報通信」、「5G(高速大容量規格)」、「エッジ・コンピューティングとHPCアプリケーション・サービス」、「IoT(モノのインターネット)」、「サイバーセキュリティーと個人情報保護」、「リモートおよびゼロディスタンス」、「疫病予防、スマート医療」、「ゲーミング」となり、今年は特別に「スタートアップ」のカテゴリーも設けられた。50個の製品が予選を通過し、最優秀賞であるゴールド・アワードは、ASUSとJGB・Smartの製品が受賞した。(C)時事通信社