新型コロナウイルスワクチンの職域接種をめぐり、菅義偉首相は31日、首相官邸で西村康稔経済再生担当相、梶山弘志経済産業相、萩生田光一文部科学相ら関係閣僚と協議した。政府は企業や大学などでの接種を今後本格化させる方針。政府関係者によると、職場での接種は6月中の開始を目指し、従業員だけでなく家族も対象とする方向だ。
 加藤勝信官房長官は同日、企業の健康保険組合でつくる健康保険組合連合会(健保連)の佐野雅宏副会長と面会し、職域接種への協力を求めた。面会後、佐野氏は「企業との連携を前提に少しでも協力をしていきたい」と記者団に語った。 (C)時事通信社