【北京時事】中国外務省の汪文斌副報道局長は31日の記者会見で、日本政府が台湾に新型コロナウイルスワクチンの支援を検討していることに関し、「医療援助は救命という初心に立ち戻るべきで、政治的利益をはかる手段に成り下がってはならない」とけん制した。
 台湾では中国が申し出たワクチン支援に拒絶反応が起きる中、日本からの支援には歓迎の声が上がっており、こうした状況下での日台接近に警戒感を示した形だ。「日本は今もなお自国のワクチン供給を十分確保できない。日本政府の表明は(台湾)島内を含む多くのメディアや民衆から疑問視されている」とも主張した。 (C)時事通信社