【ジュネーブAFP時事】世界保健機関(WHO)は31日、新型コロナウイルス変異株の呼び方について、ギリシャ文字のアルファベットを使用すると発表した。変異株の呼称は発見場所の国名を使うことが通例だったが、差別を助長する懸念から、対応に踏み切った。
 新呼称は、英国型が「アルファ株」、南アフリカで見つかったものが「ベータ株」、ブラジル型が「ガンマ株」、インドの変異株が「デルタ株」。WHOの新型コロナ担当者は「差別を解消するために呼びやすい名前を付けた」と強調し、「政府当局、報道などでの使用を推奨する」と述べた。学名の変更はないという。 (C)時事通信社